グアテマラのカリブ海、リビングストン-ストリートトラベラー - 旅行 - 2020
旅行

グアテマラのカリブ海、リビングストン

10日目:リオ・ダルチェ-グアテマラのカリブ海、リビングストン-リオ・ダルチェ


準備が整った後、私たちは海のヨットの朝食ルームに直行し、コーヒーを飲みながらしばらく仕事をします。朝のこの時間に命を吹き込む風と、バックグラウンドでのフリオ・イグレシアスは、私たちが好きではないにもかかわらず、桟橋のボートの所有者が到着し始めるまで、この日の始まりに最も独創的な雰囲気を与えます。今日はラウンジで一種の交換フェアがあり、これは本当に私たちを当惑させるラウンジですホテルの食事は、彼らがそこにいる人々に何の注意も払わずにすべてのテーブルを占有し、ほとんど教育を受けずに、英語を話さないホテルのスタッフとスペイン語を話せず、彼らが作ることを示しています理解されるべき真の努力。

のメインストリートに沿って行くと リビングストン ガリフナの本拠地であるアフリカの奴隷船の難破船であり、その土地の原住民と混ざり合って自白しなければならないことを告白しなければならないので、私たちはこの国の他の地域と陸路でアクセスすることなく、この町にもっと入ります私たちが取るすべてのステップ。

完全な旅程